スポンサーリンク

字幕翻訳家の戸田奈津子さんの本、KEEP ON DREAMING

マツコの知らない世界のマツコの知らない映画字幕の世界は面白かった!

KEEP ON DREAMING 戸田奈津子

映画字幕のことを紹介してくれたのは、字幕翻訳家の戸田奈津子さん。

映画の字幕は、日本独特の文化だそうで、欧米では吹き替えが主流とのこと。

映画を翻訳して字幕にする場合、会話を直訳すると文字数が多すぎるので、できるだけパッと読めるように、また意味が伝わるように字数を少なく翻訳しているのだそうです。

なので、翻訳家のセンスが問われそうです。

吹き替えの場合は、役者の口の動きに合わせて翻訳するので、字幕と吹き替えの翻訳では言葉が違うようです。

なかなか奥の深い仕事だと思いました。

あと、全く知らなかったのですが、日本で映画の字幕翻訳家は10人しかいないそうです。

10人で翻訳をこなしているんですね・・・驚きました。

そんな戸田奈津子さんが自伝ノンフィクションの本を出版したそうです。

「KEEP ON DREAMING」と言う本で、このような映画の字幕などの面白い話がたっぷり書かれているそうです。

KEEP ON DREAMING戸田奈津子 [ 戸田奈津子 ]

面白い裏話なども読めそうなので、機会があれば読んでみたいと思います。