スポンサーリンク

子どものインフルエンザで救急病院へ!めちゃ患者多くて驚いた!

昨日、子どもが39度以上の発熱があり、インフルエンザの疑いがあるということで、病院へ。

休日でしかも夕方だったのでかかりつけの病院は閉まっており、救急病院へ行くことに。

救急病院へ行くのは初めてだったのですが、診察に来ている患者さんが多くて驚きました。21時を過ぎていたんですが、世の中、こんなに急病で困っている人がいるとは・・・。

診察待ちの患者さんを見る限り、インフルエンザにかかった人が多い感じ。マスクしてるし、皆ボーっとしている。

うちと同じで、朝、調子悪くて、昼に発症し、熱を測ったら高熱で、午前中に病院に行くタイミングを逃したという感じでしょうか。

診察の待ち時間が長く、待合い室で子どももしんどそうにしてたので、心配でしたが、これは皆お互い様なのでしょうがないです。インフルエンザなのでまだマシですが、ノロウィルスとかに感染していたら、待っている時間はかなり辛いやろうなぁと思った次第。

この辺、システム的にどうかなればいいんですけどね。病気の人には待ち時間は辛いです。ホントに。経験あるのでわかります。

ま、ノロウィルスやインフルエンザには気をつけよう。

インフルエンザに感染しているかどうかは、診察の際の検査でわかります。診察結果がでるのは30分くらい。結果は、A型でした。

うちの子は昨年インフルエンザのワクチンを接種していたのですが、かかるときはかかるんですね。

薬はイナビルという吸入剤と解熱薬を処方。イナビルは口から吸い込むヤツです。一回吸い込んで終わりらしく、今日の朝には随分症状は良くなったみたいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする