ゴールデンカムイ(野田サトル)を無料で239話まで読む

最近ハマっていることが2つ。

一つはみんブロで自分のランキングを確認すること。順位はダダ下がりですが・・・。

もう一つが漫画「ゴールデンカムイ」を読むこと!

 


ゴールデンカムイ 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

今更ながら読み始めたんですが、めちゃ面白い!なぜ今まで読まなかったのか!?

今、ブログを書いている場合じゃないのです。

ゴールデンカムイが9月17日まで無料公開

実は「ゴールデンカムイ」は現在、無料で読むことができます。

なんと最新話すべてが無料で読めます。海賊サイトじゃなく公式サイトで。

無料で読めるのは、コミックサイト「となりのヤングジャンプ」もしくはアプリ「ヤンジャン!」。

となりのヤングジャンプ
ヤングジャンプ編集部が運営する無料Webマンガサイト、となりのヤングジャンプ。編集部が厳選したオリジナル漫画が楽しめます。オリジナル漫画だけでなく、ヤンジャン作品の試し読みも公開中です。

無料公開期間は9月17日まで。あと少し。

「ゴールデンカムイ」が人気の漫画であり、漫画の何やら賞をいくつか受賞していたことは前から知っていたので、無料のこの機会に読んでみようかと。

そしたら見事にハマってしまいました・・・。

集英社の思惑通り。

漫画「ゴールデンカムイ」とは?

漫画「ゴールデンカムイ」の著者は野田サトル氏。

2014年8月から週刊ヤングジャンプで連載開始。2021年6月の時点ではシリーズ累計発行部数が1600万部を超える怪物漫画です。

あらすじはこんな感じ。

日露戦争が終わった後の明治末期が舞台。

アイヌの金塊を巡って、陸軍、幕末志士の生き残り、脱獄した囚人たちが北海道や樺太を舞台に争う物語。

主人公は日露戦争で活躍した兵士、不死身の杉本佐一。不死身の杉本は愛する地元の女性の目の治療のために金塊を狙う。

杉本は北海道でヒグマに襲われ窮地に陥った際に、偶然にもアイヌの少女アシリパに出会い助けられる。そして杉本とアシリパとともに金塊を探す物語が始まる。

 

「ゴールデンカムイ」まずキャラが際立ってます。不死身と呼ばれる杉本佐一、どんな監獄でも脱獄する脱獄王の白石由竹、北海道のサバイバルに長けるアリシパ、第七師団を率いるカリスマ中尉の鶴見篤四郎、孤高の凄腕スナイパー尾形百之助などなど。

あと、新選組の土方歳三がご老体で出てきたのは驚いた!

 

ジャンル的には青年誌にあたるので、結構エグイ場面は多いです。それはそれでリアリティがあります。

バトル系の漫画かと思いきや、アイヌの文化やアイヌのグルメ、北海道の植物・生物などレアな豆知識が豊富で、ここも興味深いです。

他にも笑いどころもあり。お涙頂戴もあり。

今まで生きてきてアイヌに関しては知らないことだらけでしたが、「ゴールデンカムイ」で少しは学ぶことができました。

ヒグマも居る北海道の厳しい自然で暮らすアイヌの文化はかなり興味深いです。

 

まとめ

とりあえず239話まで読み終えました。

スマホで漫画を読むと目や首が疲れてしまって辛いですが、面白いのでそんなの帳消し。

ちなみに「ゴールデンカムイ」はこれから最終章に突入するそうな。

いろいろと伏線も張られているのでどうやって回収していくのか。

そして金塊は誰の手に。

気になりますね~

気になるけど、読み疲れたので240話を読むのはまた明日。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました