スポンサーリンク

「花咲舞が黙ってない」の原作の「不祥事」を読んでみた

不祥事 池井戸潤

テレビドラマの「花咲舞が黙ってない」の原作が読みたくて、池井戸潤の「花咲舞が黙ってない」という単行本を読んでみたのですが、実は本の「花咲舞が黙ってない」はドラマの原作ではなく、「不祥事」が原作であることが読んだ後に判明。

ちょっとややこしいですが、ということでドラマの原作の「不祥事」を読んでみました。

因みに本の「花咲舞が黙ってない」は「不祥事」の次の花咲舞作品となります。

上司や銀行のお偉いさんを気にせずにずかずか正しいことを言う花咲舞が痛快

ドラマの「花咲舞が黙ってない」は視てないんですよね。視聴率がどうたったのか知りませんが、原作を読む限り、面白いドラマだったように思われます。

ドラマでは花咲舞役を杏さんがやってましたが、バッチリとハマリ役ですね。「不祥事」を読みながら、杏さんの顔が浮かんできました。

それにしてもよくもまぁ、こんな不祥事が続きますなぁ、東京第一銀行。

東京第一銀行は花咲舞が勤める銀行で、花咲舞はここの臨店という支店を指導する業務を仕事にしている銀行員。指導先の支店で次々に不祥事が発覚して、事件を解決に導きます。

東京第一銀行は半沢直樹の産業中央銀行と合併

花咲舞が勤める東京第一銀行は、実は将来、半沢直樹が就職した産業中央銀行と合併することになり、東京中央銀行となります。

そういや半沢直樹シリーズの小説では、東京第一銀行出身者の銀行員の不祥事が多かったような記憶が。

東京第一銀行は銀行の悪の部分の象徴みたいな感じですね。

現実的にはこんな銀行ばっかりじゃないとは思いますが、何かしらの昇進のための派閥とか、足の引っ張り合いとかあるのかもしれません。ま、そこはどこの企業でも多かれ少なかれあることでしょうけど。

半沢直樹と花咲舞の競演はあるのか?

小説の「花咲舞が黙ってない」では半沢直樹が登場します。記憶では花咲舞と半沢直樹二人のニアミスもなかったように思いますが、いずれ競演はあるのでしょうか?

半沢直樹シリーズの最新作「銀翼のイカロス」にも花咲舞は出て無かったのですが、半沢直樹シリーズや花咲舞シリーズで半沢直樹と花咲舞の競演はあるんでしょうかね?

花咲舞は結婚して退職しているかもしれないですけど。