まずは基本を押さえて投資、「はじめての人のための3000円投資生活」(横山光昭)で投資のお勉強

確かに貯金だけじゃお金は増えません。投資でもしないと。

はじめての人のための3000円投資生活

ということで投資の基本を押さえるべく、「はじめての人のための3000円投資生活」で勉強してみた。

老後の心配を払拭するには投資を始めるしかない

年齢を重ねてくると、やっぱり老後が気になる。年金だけで暮らせるのか、家のローンは払い終えるのか・・・。

銀行に預けても利息は微々たるもん。今後、預ければ預けるほど、逆にお金が減っていく時代にならないか心配。やっぱお金を増やすには投資かな。投資は早ければ早いほどいいですからね。

無知で投資を始めてもよろしくない

投資は大事なお金を使う。なので無知な状態で始めるほど怖いことはない。そこで、投資初心者でも分かりやすそうな「はじめての人のための3000円投資生活」を読んでみた。

投資経験がなくても、貯金がなくても誰でも簡単に始めることができて、お金も増える方法というふれこみ。4000人が大成功したらしい。

基本はバランス型の投資信託

オススメの基本の投資は「バランス型の投資信託」だそうです。「バランス型の投資信託」は、日本の株式・債券、外国の株式・債券がバランスよくパッケージされた投資信託。

たくさんあるバランス型投資信託の中で、オススメは「世界経済インデックスファンド」(三井住友トラスト・アセットマネジメント)とのこと。

投資金額は、毎月3000円、分配金は再投資でOKで、後はほったらかし。

お!なんとなく簡単。

インデックスファンドもオススメ

バランス型投資信託は、手数料が高いのがデメリットとのこと。手数料を抑えたいならば、「インデックスファンド」がオススメだそうです。

コツとしては「日本株式」「日本債券」「外国株式」「外国債券」の4種類のインデックスファンドを必ず一つずつ持つこと。

オススメの割合は、現在の日本と世界の経済状況を踏まえると、

日本株式:外国株式:日本債券:外国債券=15:45:20:20

だそうです。

金融機関のオススメ商品は、実はオススメではない

銀行とか証券会社がオススメする投資の商品は、お得な商品っぽいですが、絶対に手を出さない方が良いらしいです。実は金融機関はお客が儲かるような商品はすすめず、自分達が手数料などで儲かる商品を売りたがるのだとか。

やっぱり、なんかあくどいなぁ・・・。昔から信用してないけど。

まとめ

タイトルは「はじめての人のための3000円投資生活」ですが、月に3000円投資するだけで、1000万円以上の資産が形成できることは難しそう。3000円の投資から始めて、投資に慣れてから、投資金額を徐々に上げて資産を増やすって感じ。

ただ何も始めないことには、資産はまず増えません。投資を始めるきっかけとしては、最適な投資の本だとオススメできます。