スポンサーリンク

半沢直樹シリーズ「オレたち花のバブル組」を読む

池井戸潤の「半沢直樹シーリーズ」の小説、「オレたち花のバブル組」を読んでみた。「オレたちバブル入行組」の続編です。

オレたち花のバブル組 Kindle版

ドラマで驚異的な視聴率を取った原作小説だけあって、めちゃくちゃ面白かった。

オレたち花のバブル組のあらすじ

「オレたち花のバブル組」では、東京中央銀行本店営業第2部次長に栄転した半沢直樹の活躍を描く。今回の最大の敵は東京中央銀行の大和田常務。

半沢直樹は老舗ホテル「伊勢島ホテル」の再建を押し付けられるが、その後、ホテルが運用損失を隠蔽していたことが判明。一方、半沢と同期の近藤直弼は出向先の中堅電気メーカーで不正融資を見つける。

不可解な不正を追求する半沢直樹に、東京中央銀行上層部の影が浮かび上がる・・・。

今回も憎たらしい権力者たちがたくさん出てきました。この憎たらしい権力者たちを追い詰め、やっつけるというのがこの「半沢直樹シリーズ」の真骨頂。読んだ後、スカッとします。

大和田常務を演じた香川照之のあの話題の場面は小説ではどう描かれた?

ドラマの半沢直樹と言えば、大和田常務役の香川照之さんが演じたあの名演技。安田大サーカスの団長がモノマネしていたあれです、あれ。

ドラマ版は全ては観てないのですが、妻が途中から観だしたので、後半の2話くらいは一緒に観ましたので、話題となったあの香川照之さんの名演技は知っています。

小説版ではどんな風に描かれているのかと期待してましたが、意外とあっさりとした感じでした。

あの演技は、演出家による演出だったのか、香川照之さんのアドリブだったのか。今となってはよくわかりませんが、香川さん、どこかの番組で語ってくれないかな?

権力者は権力が及ばない人間には弱い

この「オレたち花のバブル組」で一番スカッとしたのは、金融庁の検査官が疎開先の資料があるとして抜き打ちで半沢宅を捜索した際に、半沢夫人の花が礼儀のない検査官に放ったセリフ。

「金融庁の業務か何か知りませんけどね、一個人のプライバシーに踏み込むというなら、それなりの礼儀ってものがあるでしょう。それなのに、あなたは一体なんなんです?これだけ家の中をかき回した挙げ句、ロクな挨拶もなく引き揚げるおつもり?どうなの?なにかいいなさいよ!」

「これは金融庁の捜査ですから」

「だからなんなの?ふざけないでもらえます?」

花さんは怒るのはごもっとも。それにしても金融庁の捜査官は無礼すぎる。リアルではこんな無礼な人ばっかりじゃないでしょうけど。

偉そうにしていた金融庁の捜査官に、専業主婦の一般人がスパッと言いたいこと言ってくれたのでスッキリしました。

威張っている権力者は権力の及ばない人間には弱いんですね。

まとめ

半沢直樹シリーズの小説は面白いですね。ドラマは半分以上観てないのでほとんど内容を知らなかったのですが、逆にそれが良かった。小説読んでから、ドラマを観た方がいいんじゃないかな。

「半沢シリーズ」は、「オレたち花のバブル組」の次に「ロスジェネの逆襲」 →「 銀翼のイカロス」と続きます。おそらく、「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」もドラマ化されると思いますので、ドラマ化される前に読も。