堂場舜一のBOSS

BOSS 堂場瞬一

堂場舜一氏の「BOSS」というスポーツ小説を読んでみた。

メジャーリーグのゼネラルマネージャーの物語で、野球好きも野球好きじゃなくても興味深い小説でした。

BOSSのあらすじ

メジャーリーグベースボール(MLB)のナショナル・リーグに所属するニューヨーク・メッツは、低迷が続いていた。
テコ入れのため、ゼネラルマネージャー(GM)に、日本人の高岡脩二が大抜擢される。
39歳の彼はそれまで、メジャーの数チームで編成を担当しており、その手腕をかわれて、日本人で初めてGMに起用されたのだ。
「勝つ野球」のため、高岡は大胆なトレードを敢行。出塁率を重視する“スモール・ベースボール”で好発進したメッツを
迎え撃つのは、高岡のかつての師で、アトランタ・ブレーブスの老練GM、70歳になるアーノルド・ウィーバーだった。
グラウンドの裏側で組織(チーム)を率いる対照的な二人のBOSS。その熱い駆け引きの行方は。
日本人初のGMによるメジャー制覇は実現するのか――。

BOSS Amazon 内容紹介

MLBのメッツのゼネラルマネージャーに就任した日本人の話です。この日本人GMの主人公は高岡脩二。

出塁率と足を重視するスモーベースボールで勝ち星を稼ぐという、まさに日本野球のような戦略で、開幕から驚異的な成績で高岡GMのメッツトップを走ります。

ただし、スポーツというのものは計算通りに行くものではなく、後半に失速。更に、高岡GMの選手の扱いを巡って、選手やファンの怒りを買うことに。

高岡GMとは対照的なブレーブスGMのウィーバー。ウィーバーGMは、その長年の経験とコミニュケーション能力から、言葉巧みに選手やファンの心を掌握し、シーズン前半低迷するブレーブスを見事に立ち直し、後半にはメッツとリーグ優勝をかける一戦をするまでに。

ビジネスにも通じるところがあると思うのですが、スポーツも仕事も人がするもの。人の心を無視しては、何事も上手くいかないということを思い知らされました。

警察小説とスポーツ小説のジャンルが得意な小説家、堂場舜一

堂場舜一氏の小説はこれまで読んだことはなかったのですが、警察小説とスポーツ小説を軸において多数の作品を発表されているみたいです。

「BOSS」を読んでみて、スポーツ関係の小説は得意なんだろうなぁという感想。

警察小説も興味がわきました。機会があったら読んでみようと思います。