本のレビュー

半沢直樹「アルルカンと道化師」を読んだレビュー

終っちゃいましたね、ドラマ「半沢直樹」。 今回の「半沢直樹」は「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」の2本立ての内容でした。 どちらも原作の小説で読んで結末を知っていましたが、ドラマの方は原作には登場しない大和...
大牟田

ブログを更新しない間に大牟田では冠水など色々とありました

夏はめちゃ暑いとだらけ切っていたら、このところ涼しくなり、季節の移り変わりが早すぎると思う今日この頃。 こないだニホンイシガメを冬眠から起こし、餌の食いつきも良くなったと安心したのがついこないだのような気がしてましたが、あれか...
ペット

ニホンイシガメを冬眠から起こす!餌を食べるまでの記録2020

昨年の12月からニホンイシガメを冬眠させています。 いつもは3月くらいに冬眠から起こすのですが、今年の1月、2月が暖冬。ちょっと心配なので今年は早めに冬眠から起こすことにしました。 起こすとは言っ...
本のレビュー

ゼネコン談合の話、池井戸潤の「鉄の骨」

ページ数が多くて躊躇していた池井戸潤の「鉄の骨」。長時間電車に乗る機会に恵まれた?ので一気に読んでみました。 鉄の骨 読みだしたら今回もやっぱり止まらない。これが怖かったんですよ。読み出したら止まらないから、長い...
本のレビュー

加藤英明の「マンガでわかる! 世界のすごい爬虫類: 加藤英明の爬虫類ワールドハンティング」

あの加藤英明先生が爬虫類の本を出したって言うんで、読んでみました。 マンガでわかる! 世界のすごい爬虫類: 加藤英明の爬虫類ワールドハンティング その本とは「マンガでわかる! 世界のすごい爬虫類: 加藤英明の爬虫...
日記

謹賀新年2020年

2019年の大晦日に1年の総括をやろうかと思っていたら、あっという間に年が明けての2020年。 と思ったら元旦は終わってすでに1月2日。油断してると時はたんたんと過ぎていきます。恐ろしい。
本のレビュー

志駕晃の「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」を読んでみた

映画化志駕晃著の「スマホを落としただけなのに」がめちゃ面白く、おそらく続編である「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」を読んでみました。 スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 今回も期待通りに面白い...
本のレビュー

百田尚樹の「夏の騎士」の感想

もう冬真っ只中ですが、百田尚樹著の「夏の騎士」を読んでみました。 夏の騎士 百田尚樹さんの小説はハズレなしなのですが、今回もやっぱり当たりでした! 面白い!
大牟田

大牟田市動物園が舞台の映画「いのちスケッチ」を観た感想と上映場所

大牟田市動物園を舞台とした映画「いのちスケッチ」。福岡県内では11月8日に先行公開されていましたが、全国公開は11月15日より。 ということで関西でも「いのちスケッチ」が上映されるようになりました。本日「いのち...
本のレビュー

山田ルイ53世の本「一発屋芸人の不本意な日常」

一世を風靡したあのコンビ「髭男爵」の山田ルイ53世さんがいくつか本を出しています。今回読んでみたのは「一発屋芸人の不本意な日常」。 一発屋芸人の不本意な日常 世間から1発屋芸人とされてしまった山田ルイ53世の日常...
タイトルとURLをコピーしました