浦沢直樹のMONSTER

今更ですが、浦沢直樹氏の漫画「MONSTER」を読む機会があり、全18巻完読。

 


MONSTER: ヘルDr.☆(ドクター)☆テンマ (1) (ビッグコミックス)

 

約20年以上前に連載していた古い漫画ですが、まったく古臭さはなく、全18巻あっという間に読み終えることができました。

MONSTERのあらすじなど

MONSTERは、ビッグコミックオリジナルで、1994年から2001年まで連載。アニメ化もされた漫画です。

1999年に「第46回 小学館漫画賞青年一般部門」、2000年に「第3回 手塚治虫文化賞マンガ大賞」を受賞。知る人ぞ知る名作サスペンス漫画。

舞台はベルリンの壁が破壊されたドイツ。

ドイツの大病院に勤務する日本人天才外科医のDr.テンマ(天馬賢三)が、双子の少年、銃弾で頭を撃たれたヨハンを手術して助けることからストーリーは始まります。

テンマは、市長を執刀するようにと命じた院長の命令を無視してヨハンのオペを執刀。それが院長の逆鱗に触れてテンマはエリートコースから脱落。院長の娘との婚約も破棄に。

助かった入院中のヨハンは双子の妹と失踪。院長たちも謎の死を遂げる。

その約10年後にテンマの前に現れたヨハン。ヨハンはテンマの前で患者を射殺。そしてヨハンは過去の殺人を語り消える。

テンマは殺人犯の容疑者とされ逃亡。殺人鬼ヨハンを助けてしまったテンマは責任を感じて逃亡しながらヨハンを追い続ける。

ストーリーが進むにつれヨハン何者であるのか謎が少しずつ分かっていくが謎が謎を生み、東ドイツのとある闇が解かれていきます。

 

ヨハンを取り巻く謎が物語の中に惹き込んでいく

殺人鬼ヨハンが幼き頃に育ったのは東ドイツの孤児院511キンダーハイム。

この孤児院、裏では人体実験プログラムによって国家のために働く「殺戮人形」を作り上げる施設。

ここで誕生したのがモンスターの殺人鬼ヨハン。

実話なのかフィクションなのかよくわかりません。冷戦時代の東ヨーロッパにはこんな恐ろしい施設が存在したのでしょうか。

ヨハンの存在、ヨハンを支持する闇の組織、そしてこの孤児院511キンダーハイムの謎が、グググ~っとストーリーの中に惹きこまれていき、あっという間に18巻を完読。

 

まとめ

「MONSTER」はサスペンス系の漫画で次、そして次が気になり、セリフも多くなく、あっという間に18巻を読み終えることができる名作漫画。

残念ながら「MONSTER」は電子書籍版がないようで、紙のコミックで読むしかありません。

ただ「MONSTER」は古い漫画なので、古書を扱うブックオフiconAmazonなどでは電子書籍よりも安く購入することができます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました