池井戸潤の「オレたちバブル入行組(半沢直樹)」を読んでみた

テレビドラマでやっていた池井戸潤の「半沢直樹」。めちゃくちゃ話題になっていたけど、このドラマ観てなかった。


オレたちバブル入行組 (文春文庫)

視なかったのを後悔してしまったので、今回、原作の「オレたちバブル入行組」を今更ながら読んでみたしだい。

オレたちバブル入行組のあらすじ

オレたちバブル入行組のあらすじは、

バブルの時代に入社した半沢直樹。その後、バブルははじけ、時を経て、半沢は大阪西支店融資課長に。支店長の強引な命令で融資承認を取り付けた会社が倒産。支店長は全ての責任を半沢に押し付けようとするが、反撃に出ようとする半沢。そして債権回収を画策しようとする半沢に驚きの新事実の情報が入り・・・。

てな感じ。

さすが池井戸小説!飽きさせない面白さ

半沢の権力の屈しない姿、権力を盾にする上司の悪どさ、自分さえ良ければという倒産社長のふてぶてしさ、全てが絡み合ってずっと飽きさせない内容となってました。

池井戸さんは元銀行員だけあって、リアリティがあるし、銀行の嫌な部分、めちゃくちゃ腹の立つ上司を描かせたら日本一ですね。

「半沢直樹」のドラマが高視聴率を取ったのも納得です。日本は、こんな理不尽な上司を持つサラリーマンが多いんでしょうね。ドラマを視てスカッとしたんだと思います。

ドラマは小説2作分

『半沢直樹』のドラマは、この「オレたちバブル入行組」と次作の「オレたち花のバブル組」の2作分だったようです。

ドラマで話題となった大和田常務(香川照之)の土下座シーンは「オレたち花のバブル組」の方なんでしょうね。実はドラマの方は、この土下座シーンだけは視ました!

土下座シーンは香川照之さんの名演技でしたが、小説の方ではどのように描かれているんでしょうね。「オレたち花のバブル組」の方も読んでみます!

【池井戸作品の関連記事】