スポンサーリンク

野球だけの小説ではなかったのか!?池井戸潤のルーズヴェルト・ゲーム

ドラマにもなった池井戸潤氏の「ルーズヴェルト・ゲーム」。

ルーズヴェルト・ゲーム

こんなに面白いなんて・・・。ドラマも観といたら良かった。

「ルーズヴェルト・ゲーム」って野球の小説だと思っていたんですよね。なんで池井戸潤が野球小説!?と思っていたんですけど、さすが池井戸潤!しっかりと企業の話が絡んできてました。

企業の生きる道は、営業力だけでなく、やっぱり中身が重要と思わせる内容でした。

正義は最後に勝つ!というパターンはやはり池井戸作品。悪者役もいい味出している。

読み終わった後は気分爽快。すっきりしました。

読んで損はなし。次が、次が知りたくなるので、すらっと読めます。

因みに、「ルーズヴェルト・ゲーム」とは、アメリカのフランクリン・ルーズベルト大統領が「8対7」で決着する野球の試合が一番面白い!と言いきったことから、点を取ったり取られたりする白熱のゲームのことを、「ルーズヴェルト・ゲーム」と呼ぶようになったのだそうです。

この小説のタイトルにはそんな意味があったんですね。

【池井戸作品の関連記事】