お金

出世よりお金儲けに徹する方が成功に近づく「老後の運命は54歳で決まる!」

櫻井秀勲さんの本「老後の運命は54歳で決まる!」を読んでみました。 老後の運命は54歳で決まる! 老後、気になりませんか。年金も怪しいですしね。健康が一番ですけどもお金もないと。 自分や妻の両親たち...
本のレビュー

池井戸潤の「七つの会議」の感想

今回は池井戸潤の「七つの会議」を読んでみました。 七つの会議 やっぱり面白いですね!池井戸作品。
本のレビュー

池井戸潤の「銀行仕置人」を読んだ感想

電車やバスで移動時間が出来たら毎回読んでいる池井戸作品。今回は池井戸潤の「銀行仕置人」を読んでみました。 銀行仕置人 今回もはまった!池井戸作品にハズレなし。
本のレビュー

えげつない小説、宿野かほるの「ルビンの壺が割れた」の感想

アメトーークの「本屋で読書芸人」で東野幸治さんが紹介していた宿野かほるさんの「ルビンの壺が割れた」。 ルビンの壺が割れた 面白そうだったので読んでみたら、とんでもなくえげつない小説でした。
未分類

描写が難解なジャック・ロンドンの「白い牙」

ジャック・ロンドンの「白い牙」という本を読んでみました。 白い牙 古く有名な小説なので知っている人は多いかも。日本語翻訳は白石佑光氏。
大牟田

大牟田でえんとつ町のプペル展とキンコン西野講演会

大牟田で「えんとつ町のプペル展」の開催とキングコング西野亮廣さんの講演会があるそうです。 えんとつ町のプペル 大牟田市でえんとつ町のプペル展とは意外な感じ。
大牟田

大牟田夏祭り2019

2019年の大牟田大蛇山祭りはすでに終了。今年も行くことができませんでした。 若い頃はいつでも行けるや~、と高を括ってましたが、関西に来てからはもうニ十年以上も行けてません。 いつ行けることやら。
本のレビュー

志駕晃の「スマホを落としただけなのに」は恐ろしい小説

映画にもなった志駕晃氏の小説「スマホを落としただけなのに」を読んでみました。 スマホを落としただけなのに 恐ろしすぎる小説でありえんやろと思う反面、こんな事は起きてもおかしくないようなリアリティもありました。 ...
本のレビュー

数ページ目からめちゃ面白くなる池井戸潤の「民王」

池井戸潤の「民王」を読みました。 民王 出だし・・・めちゃ堅い話過ぎて読むのやめたろうかなと思いつつ、電車移動中なので他に読むものがなく、仕方なく読み続けていたら、数ページ目からめちゃくちゃ面白くなってきた。 ...
本のレビュー

百田尚樹絶賛の東野圭吾の「流星の絆」を詠んでみた

ツイッターで百田尚樹氏が東野圭吾氏の小説「流星の絆」を絶賛していました。 流星の絆 昨日、東野圭吾さんの『流星の絆』を読んだ。 一種の定型というか型にはまった作品やけど、とにかく上手い!そして当たり前やけど、面...
タイトルとURLをコピーしました