スポンサーリンク

池井戸潤の仇敵を読んでみた

仇敵

最近、池井戸潤氏の小説ばかり読んでいるような気がする。

今回も池井戸潤作の「仇敵」を読んでみた。

仇敵のあらすじ

かつて大手銀行のエリート銀行マンだった恋窪商太郎。不祥事の責任をとらせられ退職へ。そして今の弱小銀行の東都南銀行の庶務行員に就く。

しばらくエリート銀行マン時代とは違った平穏な日々が続くが、退職のきっかけとなった仇敵が現れ、恋窪商太郎が再び立ち上がる。

という感じのストーリー。

弱小銀行の東都南銀行の庶務行員と銀行員として、今は冴えない感じの恋窪ですが、実は経験豊富な凄腕のバンカーというのがこの「仇敵」の最大のポイントです。

必殺仕事人の中村主水のような感じかな。

仇敵の感想

銀行を舞台とした池井戸作品ということで、ストーリーの中で起こる事件は半沢直樹シリーズと似通った感じはありましたが、恋窪のキャラが半沢とは違ったキャラでまったく別ものの銀行小説に仕上がってました。

銀行が舞台の小説なので、事件が似通ってしまうのはしょうがないのかな。

東都南銀行の融資課の若手銀行マン、松木を通していくつか事件が起きて、それが過去の仇敵に繋がっていくって感じでした。

また殺人が起きるという点では、半沢直樹と比べてちょっと暗めの感じでした。

恋窪のキャラ設定が良いのか、途中のストーリーは読むのが止まらないくらい面白いのですが、最後があっけなく、ちょっと中途半端な終わり方で残念でした。

仇敵のまとめ

「仇敵」は、「半沢直樹シリーズ」や「ルーズヴェルト・ゲーム」「空飛ぶタイヤ」と比べると若干スケールが落ちる作品でしたが、十分楽しめる小説でした。

池井戸作品が好きな人は、読んで損はないでしょう。

因みに、現在はドラマ化もされた池井戸作品「花咲舞が黙ってない」を読んでます。こちら、なんと半沢直樹が出てきて驚いてます!ドラマのときも半沢直樹が出てきてたんでしょうか?ドラマは視てないので・・・。

池井戸潤の小説】